本当にセフレが作れるのか無料出会い系サイトに登録して試したみた。

セフレについて

当たり前にセックスをしながらも恋人ではない関係。社会的には不道徳とされることの多い「セックスフレンド」という関係は皆が口に出さない密かな憧れです。が、そう簡単なことではないのも事実です。
職場や学校でセックスフレンドを作るのはまずお勧めできません。不道徳な関係を結んでいることに影で悪く言われるでしょう。職場や学校の雰囲気も壊してしまいかねません。
友人や知り合いからの信頼も危ぶまれます。気の重くなるようなリスクを背負ってするセックスは決して気持ち良いものではありませんよね。
インターネットを用いて出会うやり方もあります。出会いを求める女性が無数に存在するのならばセックスフレンドも容易に見つかるーーーーーーー。
そう考えてしまいがちですが、実はそれが出会い系の落とし穴です。確かに女性と出会うのは簡単です。セックスもできるでしょう。
しかしセフレの関係で重要なのは身体の相性です。ネットでは無数に出会いが転がっている一方で、「これだ」という女性を見つけられないジレンマがあります。
しかし諦めてはいけません。確かに時間はかかりますが、誰にも咎められずノビノビと理想のセフレ関係を楽しむには労を惜しまず気長に努力することが大切なのです。

セフレを求める理由

セフレを求めるのは、自分の欲求を欲するため、あるいは快楽を求めるため、嫌なことが忘れられるため、そのような理由が多いようです。
ただ、セックスというのは、そんなに軽いものではありません。
本来セックスは、本当に愛し合った者同士でやるものだと、個人的には思っています。
でも、法律で禁止されている未成年ならともかく、成年同士のセックスは、基本的に合意さえあれば自由です。
それで誰かに迷惑をかけないのでなければ、文句を言われる筋合いは無いのも事実です。ですから、私はセフレを作ることは、肯定はしませんが、否定もしません。
人によって考え方はそれぞれですが、少なくとも自分の考えを誰かに押し付けるようなことはしません。なので、たとえ私の友人が、不倫パートナーを作ろうとしても、私はそれを止めるようなことはしません。
ただ、私のセックスは気軽に行うものではないという考えは、決して変えるつもりはありません。私にとっては、風俗だろうが何だろうが、恋人でもない女性と、セックスをすることなど絶対にあり得ないのです。

私と同じ考えの人は信用出来る出会い系サイトの3つの特徴を読んで純粋に出会いを求めてみてはいかがですか?